ル プティ レオ Le Petit Leo

※エチケット(ラベル)は変更となる可能性がございます。または画像とヴィンテージが異なる場合がございます。予めご了承下さい。

クロ・レオのオーナー篠原麗雄は兵庫県宝塚生まれの日本人醸造家です。大阪のワイン販売店で働いていましたが、ジャン・リュック・テュヌヴァンに誘われ渡仏し、サンテミリオンのシャトー・ヴァランドローでワイン造りを手掛けた後、2002年にこのカスティヨンで0.83haのブドウ畑付きの家を購入しました。  北向き斜面は良く手入れされ、土壌の質も樹齢も充分で、テュヌヴァンやシャトーオーゾンヌのアラン・ヴォティエが太鼓判を押し羨ましがるほどです。
樹齢は40 〜 50年、石灰質が多い区画にはカベルネフランを、粘土質のところにはメルローを栽培にしていますが、畝ごとに品種が分かれているわけではなく自然な混植となっています。この粘土質石灰質土壌の畑は、畝と畝の間を広めにとり、夏に1枝に2房に絞る作業を行うなど手間と工夫を惜しみません。
 醸造・熟成は自然にゆっくりと行い、2006年に新しく購入したステンレスタンクにより、更に柔らかいタンニンの抽出に成功しました。麗雄は、「凝縮感があり、複雑で厚みのある味わいのワイン造りを目指している」と語ります。

 そして今回、Clos Leo(クロ・レオ)のすぐ隣に位置する醸造所 P.L バラードで造ったル・プティ・レオをご紹介いたします。
 P.L バラードのオーナー、バラードと初めて出会ったのは2002年。ベルベス・ ド・カスティヨンにクロ・レオを設立した当初より、隣人であるバラードにこの地区の土壌の特徴等を教えてもらい、またクロ・レオの畑の作業も行ってもらっており、麗雄自身大変お世話になった生産者です。  バラードはボルドー大学の醸造学科で学びエノログの国家資格を持っています。彼はクロ・レオと同じテロワールの粘土石灰質土壌や砂利や砂質等の土壌の葡萄畑をカスティヨンに40ha所有しています。平均樹齢は約30〜35年。セパージュは、メルロが80%、残りの20%がカベルネソー ヴィニヨンとカベルネフランです。醸造は100%ステンレスタンクで行っています。バラードと麗雄で何度も意見交換をし、クロ・レオに似たスタイルながらより飲み易いワインを目指して造りました。暖かみを感じる色合いのエチケットには、2匹の愛らしい仔ライオンがデザインされています。

英語名Le Petit Leo Castillon Côtes de Bordeau
タイプ赤・ミディアム
産地フランス ボルドー
品種メルロー80%、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フラン20%
内容量750ml

販売価格 2,800円(税抜)
送料
ゆうパック (チルド便)  全国一律 1195円
※12本単位のご注文で全国一律 900円
※北海道、沖縄、離島は1400円

ゆうパック (常温) 全国一律 600円
※12本単位のご注文で全国一律300円
※北海道、沖縄、離島は1,100円

12本以上のご注文でもシステム上、送料が加算されてしまいますが、スタッフよりお送りする受注メールにて正しい金額をご連絡致します。

※ 品質維持のためには、クール便をお勧め致します。


※配送日時のご指定は、ご注文日の5日以降から承ります。ご注文の際にお申し付けください。